医者

いつまでも動けるように

病院

普段から姿勢に気をつけたり、体幹を鍛えるなどして、脊柱管狭窄症を予防することはとても大切です。脊柱管狭窄症の症状があれば、早めに整形外科を受診してください。もし手術となっても、リハビリで筋力を回復させ、いつまでも元気に動ける体を手に入れましょう。

詳細を確認する...

高齢者に多い腰の病気

夫婦

高齢になると多くなる病気が脊柱管狭窄症です。軽症の場合はストレッチで治ることもありますが、重症の場合は手術をします。大事なのは手術後のリハビリで、半年ぐらいかけて筋肉を鍛えます。自宅でもやれるように理学療法士からやり方の指導を受けておくべきです。

詳細を確認する...

歩きにくくなったら注意

看護師

脊柱管狭窄症は脊柱管の周辺の組織に異常が起こることで、脊柱管が圧迫されることで痛みを十なう病気であり、治療方としてはリハビリで歩いたり、立ったりできるようになることを目指す場合が多いですが、効果が無い場合は手術を行うこともできます。

詳細を確認する...

食事で血流を高める

シニア

色々な病気がある中で、厄介な病気の一つとなるのが脊柱管狭窄症です。この病気は、体にしびれや痛みが発生する病気なっており、そのまま放置してしまうと体が動かなくなってしまう恐ろしい病気となっています。しかし、キチンと治療しリハビリをすれば症状を改善することが出来ます。リハビリを行うには病院に行くことになりますが、数カ月間は病院へ通わなくてはならないのでその点には注意しましょう。仕事などで長期間通えない方は病院の医師に相談するようにしましょう。通えるようにスケジュールを調整してくれるので安心です。また、自宅でリハビリできるようにトレーニング方法を教えてくれます。

脊柱管狭窄症のリハビリ方法には色々とありますが、主に筋力トレーニングやバランストレーニングをすることになります。筋力トレーニングは脚部分を重点的に鍛えあげるトレーニングとなっており、腰の痛みを和らげるのに効果的です。バランストレーニングも同じように脚を重点的に動かしますが、筋力トレーニングと違うのはバランスを取り姿勢を正すことです。姿勢が正しくなれば、足腰に負担を掛けることが少なくなるのでこれも効果的なトレーニング法となります。このように、脊柱管狭窄症のリハビリは下半身を鍛えあげるものとなっていますが、その際に血流の流れを良くする食材を摂取すると効果が倍増します。なので、脊柱管狭窄症のリハビリをされている方は体を温める食材を食べるようにしましょう。カプサイシンが豊富な唐辛子や、血液をサラサラにしてくれる納豆などがリハビリの効果を高めてくれます。